ニキビ跡 治す方法と種類

何故 ニキビ跡が残るのでしょうか?ニキビ跡の種類は?

 

ニキビ跡とはニキビの炎症により肌皮膚の深層部を破壊する為、ニキビが完治しても色素沈着が残る事です。

 

ニキビ跡は症状により分類されます。

 

 

 

【 ニキビ跡 1】 赤 み

 

ニキビの炎症が酷過ぎる為、毛細血管が損傷してうっ血が残る。その為、放置すると色素が残り赤いシミになる。

対 策

・ビタミンCを含むケア製品が有効的。
・ビタミンCは優れた抗酸化作用があり、酸化したメラニンを還元して肌の色を戻す効果がある。
・肌のバリア機能を回復させる為の保湿ケアも必要である。

 

 

 

 

【 ニキビ跡 2】 クレーター

 

ニキビの炎症部位が膿を生じ悪化すると、治癒した後に患部が陥没する。

対 策

肌のバリア機能を回復させる為のホルモン治療と保湿ケアが安全で有効的。

 

 

 

 

【 ニキビ跡 3】 シ ミ

 

ニキビの炎症部位にメラニン色素沈着が起こり、シミになる。メラニン色素は外部刺激から肌を守る為に分泌されるので、炎症が発生すると増加する。

対 策

肌のバリア機能を回復させ、新陳代謝を正常化してシミを緩和することが必要である。