ニキビ種類

何故 ニキビには種類があるのでしょう?

 

ニキビは発生してから、初期〜末期までの状態により分類される。

 

 

A.初期段階 【 白ニキビ 】

 

閉鎖面皰。

 

皮脂が毛穴内部に溜まりつつある状態。白い吹き出物が出来る。 

 

すぐに完治させることが可能。

 

 

★ 対   策

 

男性ホルモンが増加しないよう、ホルモンバランスをコントロールする。

 

 

 

 

 

B.初期より悪化した段階 【 黒ニキビ 】

 

開放面皰。

 

皮脂が毛穴内部に溜まり表皮から見える。空気に触れて黒く酸化した状態。

 

 

★ 対   策

 

男性ホルモンが増加しないよう、ホルモンバランスをコントロールする。

 

   肌のバリア機能を向上する為、保湿が最適。     

 

 

 

 

 

C.放置するとニキビ跡が残る段階 【 赤ニキビ 】

 

赤色丘疹。

 

炎症により赤くなった状態。

 

 

★ 対   策

 

男性ホルモンが増加しないよう、ホルモンバランスをコントロールする。

 

   肌のバリア機能を向上する為、角質層の保湿が最適。     

 

 

 

 

 

D.潰すとニキビ跡が残る確率が高い段階  【 黄ニキビ 】

 

膿疱。

 

重傷。炎症が悪化、膿んで黄色くなった状態。

 

 

★ 対   策

 

男性ホルモンが増加しないよう、ホルモンバランスをコントロールする。

 

   肌のバリア機能を向上する為、角質層の保湿が最適。     

 

 

 

 

 

E.ニキビ跡が残る確率が極めて高い段階 【 紫ニキビ 】

 

嚢腫。

 

重傷。炎症が極限まで悪化、毛穴の中に膿と血が溜り腫れる状態。

 

 

★ 対   策

 

男性ホルモンが増加しないよう、ホルモンバランスをコントロールする。

 

   肌のバリア機能を向上する為、角質層の保湿が最適。 

 

 

 

 

もう一度・・・

何故 ニキビができるのでしょう?

 

ニキビとは尋常性挫創と云う皮膚病である

 

ホルモン、皮脂等の影響を受けて毛穴が慢性炎症を起こす症状である。

 

原因は千差万別ですが、統計的に以下が最も多いと思われる。

 

しかし、下記のニキビ発生原因は単独ではなく、連鎖的である。

 

 

ホルモン分泌過多

 

皮脂分泌過多

 

細菌増殖

 

肌乾燥

 

ストレス

 

睡眠不足